Dr.セラピーからのメッセージ

serapy.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:医院長のひとりごと( 30 )

オキシトシン

うちには猫のビビコ、りんちゃん、はっちゃんがいます。犬はマロン、山ちゃんがいます。

皆それぞれ個性があります。

甘え上手なのは、りんちゃんと山ちゃん。
りんちゃんとは毎日1つの枕を一緒に使って寝ています。

りんちゃんが鈴をリンリン鳴らし、灯りを消した部屋に入ってくると幸せ過ぎて胸がはち切れそうになりますが、そばにいてくれる安心感でグッスリ眠れます。

b0020618_19282009.jpg

はっちゃんは可愛い顔に似合わず野性味が強く抱っこが苦手。

先日そんなはっちゃんが、自ら膝の上に飛び乗ってきてウトウトし始めました。

b0020618_19100992.jpg

オキシトシンがドバーっと分泌されたのを全身で感じました!

毎日イタズラ三昧で大変な事もありますが、この子達のおかげで、幸せホルモンがドバドバ出まくって有難い日々を過ごしています。

b0020618_19112902.jpg

[PR]
by serapy-animal | 2018-01-05 17:31 | 医院長のひとりごと

パワースポットにて

先日、春の熱海に行ってきました。

冬の熱海桜もキレイでしたが、春に咲く桜もまた良いですね🌸

今年はパワースポットとしても有名な「来宮神社」をお参りしてきました。

b0020618_18123052.jpg

b0020618_18172680.jpg

b0020618_18181051.jpg

樹齢2000年と言われる大楠の木から、エネルギーをいただいてきました!

b0020618_18184090.jpg

帰り道、小さなお社を発見。
地域の方が手入れをしているのでしょう。階段に小さな可愛い花達が咲いていました。

b0020618_18243835.jpg

桜もキレイですが、足元に咲く可憐な花も大好きです😄

[PR]
by serapy-animal | 2017-04-15 18:03 | 医院長のひとりごと

本日のつまみ

今日の晩酌の一品。バレンタインでもないのに、くっきりハート型💕
(わざわざ切ったわけではなく、たまたまですが💦)


b0020618_07421081.jpg

蒸した鶏レバーをごま油、ネギ、ニンニクを付けていただきまーす😄🍻

[PR]
by serapy-animal | 2017-03-27 07:36 | 医院長のひとりごと

癒しの山ちゃん

フェイスブックにもちょっと書きましたが、先日当院の山ちゃんにお客様がありました。
ずっとセラピーに通っていただいていた患者さんです。ワンちゃんが大好きな方で山ちゃんのこともすぐに気に入ってくれました。

1年程前に愛犬をご病気で亡くされて以来、お会いする機会がありませんでしたが、遊びに来てくれました。

図々しく「山ちゃんとお散歩に行ってみますか?」と伺うと、二つ返事でOKしていただき、仲よく出かけて行きました。

病院から出てしばらく歩くと、山ちゃんは少し帰りたそうにしたようです。そこを持ち前のワンワンコミュニケーションを生かし山ちゃんの気持ちを引き付け、存分にワン散歩を楽しんで帰ってきてくれました。

どこまで行ったのかと思いきや、近所のホームセンターに連れていっていただき、カートに乗って可愛い子犬ちゃんとご対面したり、すれ違う方に可愛いと絶賛していただいたり、楽しいオモチャまで買っていただいて、山ちゃんはすっかり一人っ子気分を満喫して帰ってきました。


b0020618_16210543.jpg
b0020618_16212988.jpg


b0020618_16223088.jpg

大事なワンちゃん猫ちゃんを亡くし、また次の子を飼われる方もいれば、なかなか次の子に踏み切れない方もいます。

どちらも自然な気持ちだと思います。

山ちゃん、癒しのお手伝い出来たかな?

b0020618_16225378.jpg



[PR]
by serapy-animal | 2017-01-23 07:38 | 医院長のひとりごと

山ちゃん散歩☆大革命!

こんにちは。今日はワンちゃんのお散歩について書いてみたいと思います。

お散歩について、以前よりこのような持論を持っております。HPも是非お読みください。
http://serapy.com/advice/apartment/

がっ!!山ちゃんも子犬の頃から飼育しているわけでないので(言い訳みたい?)、なかなか思うようにいっておりません・・・。

お散歩に行く前にトイレサークルに入れて促し、用を済ませて出かけるようにしているのですが、満腹
の女性が「これは別腹だよね~」と言ってスイーツもしっかり食べられるように、山ちゃんも家で用を済ませながらも、散歩中の排泄は別腹のようです。

散歩中、山ちゃんが足を上げてオシッコをしようとする度に「ノー!」と大声を張り上げたり(張り上げたところで手遅れですが)、こちらの阻止を無視して出してしまったウンチを敗北感いっぱいで拾い上げたりと歯がゆい思いで散歩する日々を重ねてきました。

お散歩中に外で排泄をさせないことが理想なのですが、どうしても難しいとなると、せめて歩いてきた道を汚さないよう努力を試みようと考えてみました。

オシッコ編→マナーベルトで対応。

まぁ普通っちゃ普通です。以前は病院で使用している紙おむつのようなマナーベルトを着用していたのですが、どうも見栄えがイマイチで恰好が悪い。

そこでこのようなグッズを購入してみました!

b0020618_17195283.jpg
b0020618_17202211.jpg
b0020618_17203899.jpg

なかなか可愛い柄です!山ちゃんの場合Mサイズなんですが、本当に気に入った柄のMの在庫がなく、妥協してこの2点を購入。でも十分可愛いです。

こんなに可愛くて、機能もしっかりしているにも関わらず、何と1枚500円というビックリなお値段でした。(送料別)

こちらのショップ様で買わせていただきました。
www.allwann.jp/SHOP/871827/list.html

ウンチ編→タッパーで対応。

今までは普通にビニールで収集し、跡形に持参した水をかけていました。
でもこれだとどうしてもアスファルトの凸凹にウンチが微妙に残ってしまうんです(T_T)

こんなことでは街を汚してしまい、持論に反してしまいます。
そこでこんな物を用意してみました!

b0020618_1722104.jpg


単なるタッパーではございません。
名付けて「お便当箱」です。

山ちゃんが催したポーズに入ったら、すかさずこの「お便当箱」をお尻にあてがい、地表に着く前にキャッチし、蓋をして持ち帰ります!

b0020618_17223897.jpg


さて上手くいくのでしょうか?
今日は午後から変な天気になって散歩にいけないので、明日晴れたら試してみたいと思います。
[PR]
by serapy-animal | 2016-12-22 17:29 | 医院長のひとりごと

避難

山ちゃんが来て2週間と少し経ちました。

ここ数日、猫達と山ちゃんの関係は少しだけお互いの存在に慣れてきたような気がします。

まぁ山ちゃんがバタバタ動くと猫がビックリして逃げたり威嚇したり、それに驚いて山ちゃんが吠えたりするので、
b0020618_22390217.jpg
b0020618_22393229.jpg
b0020618_22401400.jpg
トラブルは未然に防ぐように努めたいと思います。

山ちゃんが来た直後、気の強いビビコも相当不安だったようです。

今までその日の気分で寝床が定まることがなかったのに、助けを求めていたのか、僕の枕の上がお気に入りの寝床になってしまいました。

数日は我慢してビビコと一つの枕を一緒に使っていましたが、ちょっと身動きをすると怖い唸り声をあげるので寝不足になり、今はすぐ横におさがりの枕を置いてやって、そこを寝床にしています。

[PR]
by serapy-animal | 2016-06-12 22:16 | 医院長のひとりごと

無事に終わりました

今日は山ちゃんの去勢手術とマイクロチップの装着をしました。
まだ少しボーっとしています。
これでマーキングやマウンティングが軽減されると良いのですが。
山ちゃんがいないリビングはとても静かで何だか物足りない感じです。
1週間前までは今日みたいに山ちゃんはまだいなかったけど、こんなに静かだったかな?変な感じです。
b0020618_18342965.jpg

[PR]
by serapy-animal | 2016-06-01 18:21 | 医院長のひとりごと

甲府にて

僕は山梨県の甲府の出身です。
定期的に甲府で暮らす91歳の父に会いに行きますが、その際に時間に余裕があった時に立ち寄るのがこちらのワイナリーです。
一昨年病院の外壁を塗り直す時さんざん夫婦で悩みましたが、最終的にこちらの建物の色味に近い感じでとお願いをしました。
高いワインもありますが、これが僕のお気に入り。
b0020618_18291860.jpg
b0020618_18293968.jpg
b0020618_18295936.jpg

[PR]
by serapy-animal | 2016-05-30 18:10 | 医院長のひとりごと

特別な入院

あらし君、14歳です。彼はいろんなケガや病気で何回もセラピーに入院しています。トータルで365日以上は当医院に入院しています。最初は左足の粉砕骨折でした。当時は何とか完治しごく普通の生活を送っていましたが、数年後に患部に問題が生じて、やむなく患肢を断脚することになりました。今では、椅子の上にも、机の上にも上れます。現在は、また、べつの問題で入院中ですが、日中はスタッフと一緒に処置室にいます。私が本を読んでいると机の上にのぼり、お昼寝です。自分の足をとってしまった私のそばでなで、なでなでされ眠ってしまう愛されキャラです。
癒しは、人を助けます。と、あらしくんのお父さんも言っています。
b0020618_2263521.jpg

[PR]
by serapy-animal | 2014-07-06 22:07 | 医院長のひとりごと

おやつ

みんなのおやつです。近くのホームセンターで見つけてきました。
スタッフにも好評です。昼間はスタッフのおやつ、夜は院長のおつまみです。
b0020618_226767.jpg

[PR]
by serapy-animal | 2013-06-16 22:07 | 医院長のひとりごと

セラピー動物病院 長田院長からのメッセージ


by serapy-animal