Dr.セラピーからのメッセージ

serapy.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


7歳以上のワンちゃんやG/レトリバー・シーズ・シェルティ・柴まどに起きやすいので、診断してみてください。


           甲状腺の診断スコア  

質問項目                                        配点
 1. 太っている                             はい・いいえ 2
 2. 食欲旺盛である                          はい・いいえ 1
 3. 避妊手術または去勢手術を受けている            はい・いいえ 1
 4. 毛並みが悪い、毛づやが悪い、毛が硬い          はい・いいえ 2
 5. 被毛がはげているところがある                はい・いいえ 1
 6. 被毛が生えかわらない                     はい・いいえ 2
 7. 毛を剃ったあと、なかなか毛がはえてこない        はい・いいえ 1
 8. 腹部の皮膚が黒ずんでいる                  はい・いいえ 1
 9. 日ごろから活発さが無いように見える            はい・いいえ 3
10. 人間や同居している犬と遊びたがらない         はい・いいえ 2
11. 呼びかけや周囲の物音に対して反応が鈍い       はい・いいえ 1
12. 前の爪を擦って歩く 、後ろ足をつっぱって歩く      はい・いいえ 2
13. 散歩を喜ばない                       はい・いいえ 2
14. 散歩の時、すぐに帰りたがったり座り込んだりする  はい・いいえ 2
15. 運動した後でも息が荒くならない              はい・いいえ 2
16. 発情期が不規則                         はい・いいえ 1 
17. 発情後、妊娠していないのに乳汁分泌津が多い      はい・いいえ 1 
18. コルステロールが高いと言われた               はい・いいえ 2
19. 貧血気味と言われた                      はい・いいえ 1
   スコア合計                                        /30  

              スコアが10以上の時、甲状腺ホルモンを測定してください
              スコアが15以上の時、甲状腺機能低下症の疑い濃厚

     いかがでしたか。
[PR]
by serapy-animal | 2005-02-10 16:59 | アドバイス

若返りの薬?

若返りの薬があったら、あなたならどうします。元に戻れる薬があったら私も試してみたいですね。
 お宅のワンちゃんが食欲もあって、別に病気じゃなさそうなのに、いつも元気が無くしっぽを垂らし、うな垂れて悲しそうにしているとか、いつも寒そうに丸まって寝てばかりいて、名前を呼んでも反応が鈍い、毛並み、毛づやが悪くゴワゴワしている。毛がはげやすくなった。など、まるで急に年を取ったような感じはありませんか?「ある、ある、たしかに。」って、お父さん、あなたのことじゃ、無いですから・・・残念。
 こんな症状に思い当たることがあったら、動物病院に相談してみてください。甲状腺の機能が低下しているかもしれません。甲状腺はのどの下部にあって、体をつくったり、体力を維持したり、活力をみなぎらせる重要なホルモンを分泌している器官です。このホルモンが少なくなれば、心身の活力が衰えてきて動作や体調に変化が現れてきます。
 甲状腺の検査は血液を採血するだけで診断ができます。甲状腺機能低下症と診断されたら、甲状腺ホルモン剤を毎日飲んで生きます。適切な量を飲んでいれば、もともとからだの中にあるものなので副作用の心配はありません。一ヶ月ほどで飼い主さんも驚くほどの変化が現れます。「まるで生まれ変わったようだ。」と、びっくりした飼い主さんもいました。若返りの薬ですね。次回は甲状腺機能低下症の自己診断スコア表をのせます。
b0020618_19121575.jpg
[PR]
by serapy-animal | 2005-02-09 18:48 | アドバイス

歯科検診

 犬は虫歯に98%なりません。その代わり、歯石によって歯肉炎、歯槽膿漏から歯を失ったり、場合によってはあごの骨が化膿し、熔けて命に関わるようなこともあります。
 数年に一度くらいの割合でスケーリングをして歯石をとってあげると、高齢になっても丈夫な歯で美味しくごはんが食べられます。また口臭は歯石によることが多く、スケーリングをして歯石を取ってあげると、ピッタリと匂いがなくなります。
 本来、犬の寿命は歯が無くなるころだったのですが、フードや医療の進歩で飛躍的に寿命は延びました。しかし、歯の寿命はケアしてあげないと今までどうり、10歳くらいで無くなります。歯が無くなってからの動物の人生はつまらないものになってしまうかもしれません。
b0020618_19204896.jpg

[PR]
by serapy-animal | 2005-02-05 18:56 | アドバイス

セラピー動物病院 長田院長からのメッセージ


by serapy-animal