Dr.セラピーからのメッセージ

serapy.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

家出

 昨年の暮れに病院の駐車場に捨てられていたびび子が半年目にして外に出ちゃいました。
自宅のリビングには網戸が入っていないため(網戸は窓の半分を塞いでしまうので、見通しは悪く、好きではないのではずしちゃいました。そのおかげで、虫が入ってきて子供たちは大騒ぎ、その虫をお父さんが捕まえるので重宝がられてます。ちょっと親父の威厳が保たれます。また、夏は蚊取り線香の香りが風情をかもし出します。)ベランダへの出入りは自由だったんですが、隙間を見つけて、いつの間にか行方不明になりました。裏の草むらやら近所の軒下やら、フードをお皿に入れてからからさせ、歩き回りましたが見つかりません。びびりのびび子なのでそんなに遠くには行ってないだろうと自分を励ましますが、
さすがに、薄暗くなってくると体を丸くしおびえながら出てこれなくて、「どうしたもんかな、」と思案に暮れているびび子が思い浮かび、こっちのほうが心細くなりました。
暗くなったし帰ってくるにしても明日明るくなってからだろうと思いましたが、それでもとベランダの明かりはつけておきました。9時くらいにふとベランダを見ると、きょろきょろしながら、近寄ってくる猫の姿が見えたような気がしました。「ヤッホー」とでも言っているようなびび子の姿がそこにありました。「びび子、帰ってきたよー。」家族は大騒ぎです。知らん顔してフードにむしゃぶりついているびび子でしたが、私には「ただいま」というびび子の声が聞こえたような気がしました。
b0020618_1824456.jpg

[PR]
by serapy-animal | 2008-05-28 11:46 | 病院の仲間

スイカズラ

b0020618_174395.jpg
スイカズラ(吸い葛、学名:Lonicera japonica)はスイカズラ科スイカズラ属の常緑つる性木本。別名、ニンドウ(忍冬)。
[編集] 特徴
日本全国のほか東アジア一帯に分布し、山野や空地によく見られます。
花は5月ごろ咲き、甘い香りがあります。蕾は、金銀花(きんぎんか)という生薬で抗菌作用や解熱作用があるとされる。漢方薬としても利用されるそうです。果実は黒い液果。
「スイカズラ」の名は「吸い葛」の意で、古くは花を口にくわえて蜜を吸うことからつけられたものらしいです。砂糖の無い頃の日本では、砂糖の代わりとして用いられていたようです。スイカズラ類の英名「honeysuckle」もそれに因む名称で、洋の東西を問わずスイカズラやその近縁の植物の花を口にくわえて蜜を吸うことが行われていたようであります。「ニンドウ(忍冬)」の名は、常緑性で冬を通して葉を落とさないから付けられました。非常に強いので、ベランダでも大丈夫だと思います。どんどん伸びますから、花が咲いたら一枝切って部屋に飾るととっても甘い、良い香りが広がります。お勧めの花です。
[PR]
by serapy-animal | 2008-05-22 17:04

鉢植え

オレガノケントビューティー
しそ科 ハナハッカ属 原産地・地中海
日当たりと風通しの良い所を好み、用土は水はけがよく通気性の良いものを選んでください。
耐寒性は比較的ありますが、防寒対策が必要です。高温多湿に弱く梅雨時期には特に注意が必要です。
過湿を嫌うので水の与えすぎに注意します。「あそうだ、みずあげなくちゃ。」くらいですかな。
b0020618_1261234.jpg


赤いバケット、聖跡オーパ1階雑貨店 1200円くらいでした。
[PR]
by serapy-animal | 2008-05-12 12:06 | ガーデニング

セラピー動物病院 長田院長からのメッセージ


by serapy-animal