Dr.セラピーからのメッセージ

serapy.exblog.jp
ブログトップ

歯科検診

 犬は虫歯に98%なりません。その代わり、歯石によって歯肉炎、歯槽膿漏から歯を失ったり、場合によってはあごの骨が化膿し、熔けて命に関わるようなこともあります。
 数年に一度くらいの割合でスケーリングをして歯石をとってあげると、高齢になっても丈夫な歯で美味しくごはんが食べられます。また口臭は歯石によることが多く、スケーリングをして歯石を取ってあげると、ピッタリと匂いがなくなります。
 本来、犬の寿命は歯が無くなるころだったのですが、フードや医療の進歩で飛躍的に寿命は延びました。しかし、歯の寿命はケアしてあげないと今までどうり、10歳くらいで無くなります。歯が無くなってからの動物の人生はつまらないものになってしまうかもしれません。
b0020618_19204896.jpg

[PR]
by serapy-animal | 2005-02-05 18:56 | アドバイス

セラピー動物病院 長田院長からのメッセージ


by serapy-animal