Dr.セラピーからのメッセージ

serapy.exblog.jp
ブログトップ

特別な入院

あらし君、14歳です。彼はいろんなケガや病気で何回もセラピーに入院しています。トータルで365日以上は当医院に入院しています。最初は左足の粉砕骨折でした。当時は何とか完治しごく普通の生活を送っていましたが、数年後に患部に問題が生じて、やむなく患肢を断脚することになりました。今では、椅子の上にも、机の上にも上れます。現在は、また、べつの問題で入院中ですが、日中はスタッフと一緒に処置室にいます。私が本を読んでいると机の上にのぼり、お昼寝です。自分の足をとってしまった私のそばでなで、なでなでされ眠ってしまう愛されキャラです。
癒しは、人を助けます。と、あらしくんのお父さんも言っています。
b0020618_2263521.jpg

[PR]
by serapy-animal | 2014-07-06 22:07 | 医院長のひとりごと

セラピー動物病院 長田院長からのメッセージ


by serapy-animal