Dr.セラピーからのメッセージ

serapy.exblog.jp
ブログトップ

花粉症の方、耳よりな話・・・・

 今年の杉花粉は相当なものです。花粉症のかたがた頑張ってますか?
かくゆう、私も、花粉症歴15年になります。その間いろいろな薬(抗アレルギー薬)、サプリメント、ヨーグルト、杉茶などためしてきましたが、どれもひどい鼻水、鼻ずまりを改善することは出来ませんでした。意を決して3年前より減感作療法を行っていますが、今ひとつぱっとしません。いろいろな病院の門をたたき、4年前に出会った小青竜湯という漢方薬が「お!ちょっと良いかも・・」と手ごたえを感じた初めての薬でした。それでもやはり、ちょっと油断していると(薬の血中濃度が下がってくると)だいざえもんの涙のように鼻水が垂れ、くしゃみ36連発なんていう記録も打ち立てたりしました。くしゃみって不思議なもので7回連発を越したころから、少し楽しくなってきて、節回しをしながらくしゃみをしたりしている自分に気が付きます。
今年は、耳鼻咽喉科のお医者さんから「アズサレオン」というヒスタミンH1拮抗薬を処方していただきました。これが結構いけます。いけますが、人は欲張りなもので、もうちょっと利く薬。と思っていましたら、知り合いが、「これは絶対効く、治ったみたい。」と紹介してくれた薬が「ジルテック」というヒスタミンH1拮抗薬でした。そこで先生に「ジルテックを・・・」とお願いしたのですが、その病院には「ジルテック」ではなく「エバステル」というヒスタミンH1拮抗薬しかありませんでした。そこでおねがいしてその「エバステル」を処方していただき飲んでみたところ、周りではクシュクシュいっているのに、私は「今日はあまり飛んでないね。」というくらい鼻を感じないくらい思いっきり空気を吸っていました。
  同じ作用を持つ(たとえばヒスタミンH1拮抗約とか)薬でも、自分に本当に合うものがあるんだな。と実感した一日でした。みまさんもあきらめずに、欲をかいていい薬、ではなく、自分にあった薬を探してください。だけど、ココの所の耳鼻咽喉科は4時間待ちです。覚悟していってください。おだいじに。
[PR]
by serapy-animal | 2005-03-24 17:46 | アドバイス

セラピー動物病院 長田院長からのメッセージ


by serapy-animal